読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの気持ち・・・・・。

うつ病の当事者として、症状やその時感じたこと、思いを少しでも書き残せれば。他の方に参考になれば幸いです。内容は短めです。

【37】うつ病になってから日記をつけ始めました。

うつ病になってから、カウンセラーさんの勧めで

ノートへ日記をつけ始めました。

 

始めたのは東日本大震災の数日前からなので、

もう6年になります。

 

最初の頃は、何をしたか、何を食べたかぐらいしか

書いてありません。

 

書いていたのも、良く量販店で見るようなB5サイズの

ノートに記入していました。そのうち、書くことが

日常することの一つになってから、3年日記帳を

購入し、そちらに書くこととしました。

 

私の今のところの結論は、うつ病を患った者として

日記は有効な事だと考えています。

 

理由は過去の症状を見返すことができるからです。

 

うつ病は何らかの症状が出ます。しかも多数。

 

日記の良いところは「過去、調子が悪くなった時、

どういう対処をしたか」を振り返ることができる点です。

過去と同じ症状が出た時、日記を見れば焦ることなく

解決策を、もしくは解決のためにどのように動けばよいか、

知ることができます。

 

ブログでも良いのですが、私の場合はブログに書いたことを

忘れる時があるので、自分の手で書いた日記を愛用しています。

 

毎日日記を付ける、と言う作業は地味な作業ではありますが、

書いたことは必ず役に立ちます。財産にもなります。

 

私はうつ病の方に、日記は是非お勧めしたい、

そう思います。

 

ちなみにこのブログを始めて、投稿するネタも

実は、日記から少しずつ取り出しています。

 

 

---------------------

参考になった、考えさせるものがあったなど、

共感部分がありましたら下のバナーをクリックいただけると

嬉しいです。

 ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ