読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの気持ち・・・・・。

うつ病の当事者として、症状やその時感じたこと、思いを少しでも書き残せれば。他の方に参考になれば幸いです。内容は短めです。

【58】うつ病関係の本を紹介します。定番本ではございますが・・。

 今回は本を紹介したいと思います。

 

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫) | 細川 貂々 |本 | 通販 | Amazon

 

その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫) | 細川 貂々 |本 | 通販 | Amazon

 

うつ病関係の本としては、もう定番本ではあるのですが、

個人的には画期的な本(エッセイマンガ)だと

思っています。なぜかというと、私が考える一番の理由は

うつ病当事者目線で「共感できる点」が多い所にあります。

 

うつ病になってしまった作者のご主人「ツレ」さんは

会社を辞め、闘病生活に入りますが、ご夫婦でうつ病という

謎の病気に立ち向かい、試行錯誤する訳です。

 

急に寝込んだり、急に死にたくなったりと、全てでは

無いかもしれませんが、うつ病にかかってしまった人ならば、

恐らく1回は経験しているだろうという症状が本書には登場し、

そこに共感をおぼえます。このことは以前トピックとして

上げた「孤独感」を減らす事ができるのではないでしょうか。

 

【56】うつ病と孤独感について。 - うつの気持ち・・・・・。

 

また、私は本書をうつ病ではない人に、私の症状を

伝えるためにも使わせていただきました。今、この○○ページの

ような感じなんだ、だから調子がすぐれない、などです。

 

専門書で説明するよりも楽でした。

 

そのような使い方もできる一冊です!

 

---------------------

 

もしよかったら、ぽちっとな!

  ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ