うつの気持ち・・・・・。

うつ病の当事者として、症状やその時感じたこと、思いを少しでも書き残せれば。他の方に参考になれば幸いです。内容は短めです。

【59】うつ病持ちの方へ、運動療法を勧める事に対して思う事

うつ病を患ってしまうと、動く機会が

格段に減り、運動不足になりがちです。

理由は億劫さ、という症状や手が重くなったり

足が重くなったり、そもそも動くのに苦労する

という状況があるからだと私は思っています。

 

【30】うつ病になって、なぜか手が重い、足が重い。 - うつの気持ち・・・・・。

 

一方でこの世の中では、うつ病の方に対して、

運動するとうつ病の改善が見られるという論文(?)が

あるようで、「うつ病 運動療法」という言葉もネット検索する

事ができます。

 

それを根拠にしているのかもしれませんが、

薬を飲み続けるよりも、運動の方がうつ病には効果的という

主張をするサイトを見た事があります。

 

運動を、運動療法を勧めるのは悪い事ではないと思います。

うつ病持ち本人が動ければ、ですが。

 

一番怖いのは、薬よりも運動の方が良い、だから薬は減らして

運動しなさい、という状況だと私は考えます。

そこまで、確立されている治療法なのでしょうか?

薬で支えている状態を運動でカバーできるのでしょうか?

 

もしそうなのであれば、心療内科・精神科・神経科には

そろそろ、運動器具が並んでも良いのではないでしょうか?

 

うつ病の治療はまず、薬。休養。それに加えて運動療法

認知行動療法などがサポートするという認識です。

これをごちゃごちゃにしてしまうと、治療に際し、

混乱し被害を受けるのは、(私を含め)うつ病を患った

人間になってしまいます。

 

うつ病持ちも情報の出どころに気をつけなければ

いけません。

 

私はと言うと、自転車を少し使って出かけるように

なりました。やっと、そんな事ができるようになりました。

もちろん薬を飲んでいます。

 

---------------------

もしよろしければ、ぽちっと・・。

  ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ