うつの気持ち・・・・・。

うつ病の当事者として、症状やその時感じたこと、思いを少しでも書き残せれば。他の方に参考になれば幸いです。内容は短めです。

【65】うつ病の対処法は、即効性のあるもの、中長期的なものの2種類あると考えます。

うつ病の治療には薬(薬物療法)を使うほかに、

○○療法という名前の付くものが存在します。

症状改善のための対処法と

言い換えればよいでしょうか。

 

うつ病を患ってしまうと、何だか良く分からない

症状と付き合わなくてはならず、苦労することが

多いのですが、その対処法に「即効性」のあるもの、

「中長期的」に考えるもの、2種類があると

考えています。

 

即効性のあるものの代表は、薬、頓服薬はその

最たるものでしょう。

 

一方、中長期的に考えるものの代表は

認知行動療法ではないかと考えています。

 

しかし、中長期的な方法はおろそかになりがちです。

なぜかというと「効きが実感しにくい」「面倒」など

理由が挙げられると思います。少なくとも私は

そう思いました。時間もかかるし

「本当に効くのかどうか疑問」というのもあるかも

しれません。

 

即効性のあるもの、中長期的なものをバランス良く

使っていきましょう・・・、

なんて私自身ができていないことを書くのは

非常に心苦しいのですが、中長期的なものは

今後、薬が減った時のベースになるのではないかと

思うのです。

 

見よう見まねですが、私は下に紹介する薄めの

認知行動療法の本を購入し、学んでいます。

 

こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳

こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳

 

 

生活のどういうところに影響出るか、

まだ分からないのですが、こういう事は

「始めた!」という宣言が重要なので、

まずは宣言したいと思います。

 

---------------------

もし良かったら、ぽちっとな!

  ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ