うつの気持ち・・・・・。

うつ病の当事者として、症状やその時感じたこと、思いを少しでも書き残せれば。他の方に参考になれば幸いです。内容は短めです。

【93】生きるためのテレビ(2017年8月31日(木) NHK Eテレでのテレビ放送)に関連して感じたこと。

 以下、インターネットのニュース抜粋です。

 ---------------------

 

www.asahi.com

 

31日夜、10代の悩みを特集したNHKの番組「ハートネットTV+ 生きるためのテレビ #8月31日の夜に。」に出演したタレントの中川翔子さんは番組前、「絶対に、死なないで。生きて。」などとツイートで発信。憲法学者の木村草太さんも31日、こうツイートした。「『学校が嫌で家が逃げ場になる子』と『家が嫌で学校が逃げ場になる子』と『学校も家も嫌で町を徘徊(はいかい)する子』のことを考えて、すべての人にもう一つ、二つ、安全な逃げ場がほしいと思う」

 林芳正文部科学相は1日の会見で、子どもたちに向けて「もし悩み苦しんでいたとしても、決してあなたはひとりぼっちではない。誰にでもいいので悩みを話してほしい。誰かがきっと助けてくれます」と述べ、文科省による24時間対応の電話相談(0120・0・78310)などの利用を呼びかけた

 ---------------------

以上 

 

先日、8月31日の放送に絡んで、著名人の方の

コメントもあり、盛り上がった模様です。

私も放送前、ブログを購読させていただいている

くろさん本人がご出演されると聞いており、

くろさん自身の病状・ご様子をブログで

拝見していたので、そういう意味で

「真」に迫った濃い内容です。

 

しかし、内容が濃いとテレビを見ることができない

(見ると責められているように感じる)私は

ちょっとずつ、録画したものを拝見しています。

やっと第一部を見終えることができました。

 

【91】生きるためのテレビ(2017年8月31日(木) NHK Eテレにてテレビ放送!)。 - うつの気持ち・・・・・。

 

個人的に中川翔子さんは、(失礼ながら)オタク的な

イメージもありつつも、かなり真剣に物事を

考えられる素敵な女性だと思っているので、

番組に出てきて下さったこと、先述のツイートは

ありがたいと思っています。

 

「絶対に、死なないで。生きて。」

 

重い言葉です。希死念慮の症状がいまだに

割と発生する私には、ぐさっときました。

 

同時に

 

生きていれば、良いことがあるのですか!

 

本当ですか?

 

という怒りではないのですが、疑いに近い

そんな思いも、持ってしまった私が居ます。

 

まだ、先述の通りテレビ番組を

全て見終わっていないので、どういう結末を迎えたのか、

それに対する感想はまだ書けないのですが、

ちょっと見た、聞いた、そして集まった情報だけで

「ぐさぐさ」ときている私は、まだ弱っているんだな

と感じた次第です。

 

この件については、また日を改めて

コメントしたいなぁと思っています。

 

---------------------

励みになります!

 ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ