うつの気持ち・・・・・。

うつ病の当事者として、症状やその時感じた事、思いを少しでも書き残せれば。他の方に参考になれば幸いです。うつ病の事を中心に内容を少し幅広くしていこうかな、と思います。

【116】うつ病の5分診察について、思ったこと、ちょっと調べたこと。

今回のお話は、私が調べられる範囲で

調べたものですので、

「こんなこともあるかもなー」くらいに

思っていただけるとありがたいです。

 

うつ病の治療で行く精神科・心療内科

よく、5分診察が多いとよく聞きます。

 

先生:「どうですか。」

患者:「以前と同じ感じでしょうか。」

先生:「では、同じお薬だしておきますね。」

 

一例として上記の感じです。

 

他の方の診察を見ていると、たまに

診察室に入って、すぐ、本当にすぐ、

出てきてしまう方も見ました。

(何を診察しているのだろう・・。)

 

5分診察の良し悪しは、症状や先生にも

依るところが多いと考えており、

私も分かりません。

 

ただ、うつ病が治る(良くなる)のであれば、

私は5分診察でも良いと考えています。

 

そこで、思ったことを書き、

またちょっと調べてもみました。

 

参考ホームページ

心療内科・精神科クリニックを受診する時の費用

 

によると、再診時ではありますが、

下記3つの区分に分かれているようです。

(以下、抜粋です。)

 

(2) 通院精神療法(あるいは精神科継続外来支援・指導料)

再診時は通院精神療法(あるいは精神科継続外来支援・指導料)を算定します。これは、診察に要した時間によって異なり、以下のように3つの区分に分けられます。

(a) 30分超  ⇒ 通院精神療法(30分超)   [400点] 
(b) 5分-30分 ⇒ 通院精神療法(30分未満)  [330点]
(c) 5分以下   ⇒ 精神科継続外来支援・指導料    [55点]

 

実は私、少し前から、仕事の都合上どうしても

火曜日から水曜日に診察を変更せざるを得なくなりました。

 

変更後、先生が変わり、診察時間が短くなりました。

以前の(火曜日の)先生は、割と長く話を

聞いてくれる方でした。

思えば5分以上は話していました。

 

水曜日の先生になって、話が早くなり、

5分ぐらいで終わることが多くなりました。

必然的に、事前の診察準備に追われるようになり、

頭を使います。

 

今、診察日が変わって私が思うことは、

5分診察でも、そうでなくても

どちらでも大丈夫だった、というものです。

 

先生の診察スタイルなのでしょう。

どちらが悪いとは感じません。

 

「話を聞いてもらえない」という

割と悪い方に取られがちな5分診察ですが、

事前に準備していけば、聞きたいことに

迷いが無くなり、スムーズな診察に

なると思います。

 

私は今、5分診察に慣れるよう、努力中です。

 

---------------------

 

今回の記事は「たまご豆腐」さんの記事を

参考にさせていただきました。

ありがとうございました!!

tamagodofu.hatenablog.com

 

 ---------------------

励みになります!

  ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

【115】疲れうつ(勝手に命名)について。

うつ病になる前は

あまり意識していませんでしたが、

人には「疲れメーター」のようなものが

あるのではないかと思っています。

 

それがゼロになったら、

疲れ切ってしまうような感じを

味わうことが多くなりました。

 

健常者の方でしたら、メーターの減りも少なく、

疲れたなーという感じだけなのでしょうが、

うつ病を患った私は健常者と同じ事をすると

そのメーターの減りも早く、

単純に疲れた、疲弊だけではなく、

同時に、負の考えや死への願望など、

うつ病特有のおまけもついてきます。

 

疲れ切ってしまうと、動けなくなります。

はい、お終い、というかんじです。

今の季節ならコタツの中で、

じーっとしているしかないようです。

 

どうしても動きたい時は、私の奥の手、

QPコーワゴールド(滋養強壮剤など)を飲みます。

(反動がきそうなので、あまり飲まないように

していますが)

 

疲れ切ってしまって動けない、そんな

うつ状態を私は勝手に「疲れうつ」状態と

自身で呼んでいます。

 

最初に述べた疲れメーターのようなものが

極端に減りやすいのが

うつ病の特徴のように感じます。

気づいた時にはもう遅いと・・。

 

ですので、今日は何をした、どうだった、

と記録することで疲れすぎないようすることができる

(完全ではありませんが)と思います。

 

【37】うつ病になってから日記をつけ始めました。 - うつの気持ち・・・・・。

 

とにかく、体力を残すこと、前にも書いたかもしれませんが、

これが疲れうつに対する対応方針だと思います。

 

---------------------

参考になったなど、共感部分がありましたら、

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです!

  ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

【114】うつ病で自宅療養、さて、どうしたらよいのでしょう??

うつ病でお仕事を長くお休みする、

うつ病を発症してしまうと

良くあることです。

 

自宅療養という状態です。

 

色んな人に「ゆっくり休むよう」

言われたりします。

 

最初の数日は休めると思います。

休むってこんな感じかなぁ、

なんて思ったりして。

 

しかし、そのうち休んでいることに

だんだんと罪悪感が働いてくる場合があります。

 

つまり、「働いていないのは申し訳ない」

という理由が主にある気がします。

 

うつ病で長期休業する私に

主治医はこう言いました。

「入院しているつもりで休むように」と。

 

入院したことがある方は分かると思うのですが、

朝昼晩3食食べて、昼寝もOK、あとは寝間着で

だらだら過ごす、それをするように、と。

 

どうやら「休むということができない」ところに、

うつ病の回復が遅れる理由がありそうです。

 

とにかく、最低限のこと以外、何もするな、

ぼさーっとしていれば良い、ということです。

 

いや、とは言え、なかなか

できないんですけれどね・・。

困ったことに。

 

さて、本当にどうしたらよいのでしょう??

 

この件については、何かの機会に

また書きたいと思います・・。

 

 ---------------------

励みになります!

 ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

 

【113】就業中の私は、この世から消えたいということばかり考えている・・。うつ病の私の考え。

タイトルにある通りなのですが、

就業中、私はこの世から消えること

ばかり考えるようになってしまいました。

 

仕事場は比較的階数の上のフロアなので、

ここからダッシュして窓を蹴って破り落ちれば

いけるのではとか、非常階段から落ちれば

いけるんじゃないかとか、通勤中に

車にぶつかれば良いんじゃないかとか

そういうことです。

 

良い傾向ではありません。

 

【101】シニタイというよりは、キエテシマイタイ。 - うつの気持ち・・・・・。

 

でも書きましたが、死にたい、じゃなく

消えたいんですね。役立たずは消えたい、

そんな思いでいっぱいです。

 

希死念慮は「シニタイ」と思うことだと

認識していますが、消えたいので、

言い方は違うのかもしれません。

 

良く死にたいと思うのは生きたいと思うことの

裏返し、という話を聞きますが、当の本人は

そんな余裕がありません。

 

しかもうつ病で頭が働かず、役立たずの私ですが、

いまだに、相変わらず人通りの多い、

ど真ん中の座席に座ることを余儀なくされ、

緊張のあまりなのか、体が動かなくなります。

 

【67】会社の座席について、うつ病持ちからの提言。 - うつの気持ち・・・・・。

 

もしかしたら、役に立っているの

かもしれませんが、その実感が、

私自身「まるで無い」のは結構問題です。

とにかく、静かな場所に

移動させて欲しいと願うばかり。

 

今している仕事は、単純な作業では

ありますが、別につまらなくはありません。

がんばって働かない頭を使い、

あくせくしながら行っております。

 

ただ、会社に来ると「役立たず」が

頭にこびりつき、消えたいにとらわれてしまうです。

 

先日、カウンセラーさんに、

私はよく休まずに、辞めずに

会社に来ていますね、と

ほめられて(?)しまいました。

 

・・・今回は愚痴のようになってしまいました。

 

---------------------

励みになります!!

 ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

【112】うつ病になってから、外へ出るのが怖い時(外出が怖い)があります。

これを書いている今、台風が近づいて

いるそうです。(投稿時の今はもう既に

通り過ぎていますけれど・・ね。)

 

それに伴ってか、不思議なことが起こっています。

それは「外へ出るのが怖い」感じです。

 

不安感です。

 

うつ病を患ってから私の中で出ている症状で、

以前もブログにアップしました、

 

不思議な症状です。

 

【13】外へ出るのが怖い。(gooブログより転載) - うつの気持ち・・・・・。

 

これが出た場合「えいやっ!」と外に

出ました。不安感はつきまとうものの、

良く行く喫茶店を拠点に、なるべく動かないように

していました。そして、タイミングを見計らい

なんとか用事をこなし、帰宅しました。

 

この件についてネットでですが、調べてみました。

例えば下記2例です。

utsu-kokoro.blog.so-net.ne.jp

cotree.jp

 

本当かどうか、私には判断が難しいのですが、

一つはセロトニン不足を指摘し、

一つはカウンセリング受診を勧めています。

(ちなみに私は、うつ病になってから

毎日日光を浴びてセロトニンを生成し

カウンセリングも受診しています。

一筋縄ではいかないですね。)

 

この件に関しては2回目の投稿ですが、

まだ原因が明確にならず、非常に辛い

ところではあるのですが、

いずれにしても、外へ出るのが怖いと

感じてしまうのは、実体験と参考ホームページより

うつ病と密接に関わる症状のようです。

 

 もうちょっと調べてみます。また、私自身と

向き合う必要があるようです。

 

---------------------

励みになります!!

 ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

 

 

【111】外見では分からない病気、うつ病。そして、苦戦する精神障害者の私。

自分の日記を見返してみました。

 

1年ほど前、私は一つの記事を

拾っていました。

 

「「外見では分からない」ことの悩み

働く精神障害者

 

という記事でした。

 

news.yahoo.co.jp

 

1年前の記入だったので忘れていましたが、

検索したら、ヒットしました。リンクを貼っておきます。

 

この記事に登場する方もそうですが、

私がうつ病を患って、精神障害者となり、

生きていく上で、苦労といえばよいのか、

どちらかというと苦戦することの一つとして

挙げたいのが、

「外見では分からない」という事です。

 

どうやら「普通に見える」らしいのです。

健康な方から見ると、です。

 

そのため、例えば私自身は調子が悪く、

動けない状態だったとしても、上司などは

「おー、普通そうだな!」

と言われたりします。

 

その直後に保健室へ行かせてもらうように

上司に頼むと「なんで、理由は?」と

聞かれます。

 

私は「申し訳ありません、申し訳ありません」と

何回も言い残して、退席させてもらいます。

 

他にも(健常者と同じ)短納期で

お仕事しておいて、とも言われます。

 

当たり前ですよね。

 

上司・他人から見れば私は普通に

見えるのですから・・。

 

 このギャップを埋めるのに、

どうすれば良いだろうと考え、

調子を数値化することとしました。

この件は上司と合意し、決めました。

 

1:調子が悪い ~ 5:調子が良い

 

大体の日は2か3ですが、1の時は

会社に来ないよう、言われています。

(それでも午前中半休で午後に出勤したり

しているのですが。)

 

まだ、始めたばかりの決まり事なので、

上手く運用できていませんが、

「見える」ようにするのは

悪いことでは無いと思っています。

 

---------------------

励みになります!

 ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

【110】うつ病になって「普通の勤務」が難しくなった、その現状。そして必死な私。

前に書いてアップしたのですが、私は

目標があります。それは、

「普通に働き、普通に生活がしたいだけです。」

というものです。

 

【94】うつ病である私の願いは「普通に働き、普通に生活がしたいだけです」。 - うつの気持ち・・・・・。

 

うつ病になって、というか、長期休業を

重ねる事に、体力が無くなっています。

 

テレビ サザエさんの中で、

よく波平さんとマスオさん(ノリスケさん)が

会社帰りによく行っていますが、

例えば帰りに飲みに行く、何ていうことは

ものすごくハードルが高いことです。

 

必死で朝起きて、必死で自転車通勤、

必死になりながら、働かない頭で仕事

(と言えるか分からないけれど)し、

いたたまれない気持ちと戦い

たまにその気持ちに敗れ、

(不審がられて)保健室前でぐったり、

必死でまた自転車に乗り帰宅。

夕食、お風呂、ぐったり、少しパソコン、

これがよくある平日の一日です。

 

(ちなみに、ここに書いている文章は、

金、土、日に書きためたものを、投稿前に

少しアレンジして投稿しています。)

 

最初の「必死」時点でくじける時は

(朝起きられない時は)

フレックス出勤または、午前中半休を取ります。

しかしこれをしてしまうと、どこかで

帳尻を合わせなければなりません。

 

フレックス出勤でも、午前休んでも、とにかく

会社に来ることを厳命されております。

 

「普通」の勤務が難しくなり、

何でも「必死」、それが現状です。

 

「必死」レベルが「努力」でこなせる

レベルくらいに

緩和すると嬉しいのですが・・。

 

---------------------

励みになります!

 ↓  ↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

【109】うつ病になると、キャリアアップは難しくなる(と思う)。

ちょっと気になったというべきか、

共感、うーん、そうですね・・、

結果そうなるでしょう、

という感じを持ったページがありましたので

ご紹介させて下さい。

 

  ↓

 

utsu-kaifuku.com

 

  ↑

 このページではうつ病で長期お休みをした場合、

会社の出世や昇格ということよりも、

「どうやって生きていくか」を教えてくれます。

 

私自身も、今の職場で何か希望がもてるとは

特に思っていません。

なぜなら精神障害者をわざわざ出世させる

必要は無い、というか、会社側からすると

メリットが見いだせないからです。 

 

そして、精神障害者である私も、

仮に出世や昇格して、

責任ある仕事が増えてしまっても、

体が追いつきません。

 

うつ病の再発が懸念されます。

 

いずれの立場(会社・当事者)からも

キャリアアップは難しいと思っています。

 

そんなことを考えなければならない、うつ病

 

うつ病にならない方が、良いです。

ろくな事はありません。

 

もしよかったら、下に記事を書きました。

少し時間が経ってしまいましたが、

思いは変わっていません。

  ↓

【79】うつ病に「なる前」のあなたへ。 - うつの気持ち・・・・・。

【108】うつ病より職場復帰してから、仕事で人と話すことがめっきり減りました。

過去の記事にも書いたのですが、

私はうつ病で過去3回、長期休みを

取得しています。

 

【73】うつ病の回復過程について、今、思う事。 - うつの気持ち・・・・・。

 

その間に、部署内で大きく人が異動し、

私はその間、家にいたわけですが、

戻ってみると、人間関係が

相当変わっていることに

気づきました。

 

私の病気を気にとめない人、

このようなありがたい方は、「まれ」ですね。

 

たいていの人はうつ病の私を

「どう扱って良いのか分からない」

という状況のようです。

 

それにつられて、異動してきた人も

同じ態度を取るので、

仕事を割り振られる時以外で、

ちょっとした会話など

私は話しかけられることが少なくなりました。

 

仕事で人と話すことがめっきり減ったのです。

 

そのため、仕事中私は結構、孤独な状態に陥っています。

一日数回しか人と話さないということは

復職してから良くあることです。

 

ぺちゃくちゃ話ながら仕事をするのは

おかしな話ですが、少しくらいは話したい、

とは思っています。

ストレスも解消できそうですし。

 

また私自身が敏感になったのか、

他人との不思議な距離感を感じているので、

私から話しかけるのも難しいです。

 

話すことでのストレス解消もできない私。

 

私はうつ病を経験したことで

こんな不思議な場所にも

傷痕を残しているのです。

【107】介護と育児は時短勤務がある。けれども、うつ病などの病気には時短勤務が存在しない模様。

会社に時短勤務の取り扱いについて

確認をしたところ、介護と育児には

時短勤務があるそう。

 

しかし、うつ病などの「病気を理由にした」

時短勤務は「無い」という返答でした。

 

最初は、病気が軽んじられているのか?とも

考えましたが、会社側からすれば、「病気を

治してから出社して下さい。それまで十分休める

制度は整っていますから。」という理由が

成り立ちます。(私が会社側の立場なら、

そう言うと思います。)

 

しかし、現実は病気が治ってから復帰、

というのは難しいと思います。

 

私自身も、うつ病を患って、症状が

落ち着いた時点で、服薬することを条件に

復帰に踏み切りました。

(復帰時が最も負荷がかかるため、

薬を止めての復職は不可、との医師判断)

 

ただ実際はというと、私の場合うつ病ですが、

患った状態でフルタイム勤務はきついです。

復帰から9ヶ月経った今でもそう思います。

 

【51】8時間勤務(フルタイム勤務)が辛い・・。 - うつの気持ち・・・・・。

 

【94】うつ病である私の願いは「普通に働き、普通に生活がしたいだけです」。 - うつの気持ち・・・・・。

 

先述した通りの会社の立場の通り、

うまく自身の中で消化できないのですが、

病人は「我慢するしかない」ようです。

 

うつの症状が出て辛くなった時、

更衣室など人目の付かないところで

ぽりぽりと頓服薬を飲む、こういう生活が

残念ながらまだ続くと思うと、

少し涙腺がゆるみます。

【106】うつ病と気温差による調子の悪さ。

先日、月曜日は調子が悪かったです。

前日との気温差があるためでしょうか?

 

会社から帰宅して、1時間ばかりソファで

横になっていました。頓服薬も飲みました。

もう消えたいという考えも一緒にやってきて

大変でした。久々にキツイ思いをしました。

 

うつ病の人間にとって気温差があると、

どういう影響があるのでしょう。

 

ネット検索の結果だと「自律神経の乱れ」

が出るそうです。

良く出てきますね、自律神経の乱れ。

以前、会社で倒れた時も自律神経の乱れと

言われた記憶があります。

 

残念なことに、この単語が出てくると、

私の経験上「対処のしようが無い」のです。

うつ病の改善と共に治っていくらしいのですが、

じゃあ、いつうつ病が治るのかと、思ったりします。

 

その中でもできる事と言ったら、

「早く・長く眠る」ことでしょうか。

 

うつ病を患っている者にとって、

早く・長く眠ることは、決して悪いことでは

ありません。私も贅沢なことは言えませんが、

仕事をしていなければ、

本当はもっと眠っていたいくらいです。

 

そんなところで、それでは、おやすみなさい。

【105】うつ病を健康な方に理解してもらうには、時間と根気が必要です。

うつ病」という病気、

この本のヒットがうつ病に対する

認知度を上げたと私は思っています。

   ↓

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

 

  ↑

 

【58】うつ病関係の本を紹介します。定番本ではございますが・・。 - うつの気持ち・・・・・。

 

私も本書について書きましたが、

専門書ではないのに、うつ病の私に寄り添って

くれる一冊として、いつも枕元においてあります。

 

しかし、本書がヒットしたと言っても、

全ての方が読んでくれているわけでもなく、

特に健康な方へうつ病を理解してもらうには、

時間と根気が必要な場合もあります。

 

私は、(また最近頻発し始めた)「足が重い」

という症状に悩まされています。

 

【30】うつ病になって、なぜか手が重い、足が重い。 - うつの気持ち・・・・・。

 

うつ病の症状と聞いており、

出るのは仕方ないとして、

それを説明するのが難しいのです。

 

例えば

 

「普段歩いていると、足が重いんです」

「誰でも運動したりして、だるければ重くなるよ」

「(・・・いや、その重さと全く違う・・・)」

 

こういう会話が成立してしまうので、

どこから手を付けて良いのか

分からなくなってしまうのです。

 

病後なんだから、運動で歩き、

筋力をつけた方が良いだろう

と、まで言われて、私はがっくりし、

寝込んでしまいました。

 

足が重くて歩くのも辛いのに。

 

しかし、こんなことでめげるわけには

いきません。健康な方にうつ病

理解してもらうには時間と根気が必要です。

明日に向かってジャブを打ち続ければ良いのです。

 

・・と、書きながら、やっぱりめげそう・・。

【104】朝起きた時から(既に)疲れているのは、うつ病の症状なのだろうか・・。

うつ病を患ってから、原因が不明なのですが、

疲れやすいと言うことを、何回かトピックで

あげたことがあります。

 

【20】疲れた時、疲労した時。 - うつの気持ち・・・・・。

 

【36】うつ病になると、疲れやすい。 - うつの気持ち・・・・・。

 

まだ、主治医に聞いていないので、

原因は不明なのですが、うつ病と疲れには

何かしら、関係があるように思います。

  

もちろん他の病気でも疲れると思うのですが、

「疲弊」した感じ、というのはうつ病になって

初めて感じた事です。

 

その中で、一つ気になる症状があります。

それは、「朝起きた時から疲れている」という

症状です。

 

うつ病の症状なのでしょうか・・。疑っています。

 

睡眠を取って、一番回復しているはずなのに、

既に疲れており、疲れている状態から朝が始まるため、

昼、夜は更に疲労というか、その上の疲弊状態で

へとへとになってしまうのです。

 

状況にも依るのですが、私の場合は朝のうちに

頓服薬(抗不安薬)を飲むことが多いです。

滋養強壮剤・QPコーワゴールドも捨てがたいですが、

疲れ度合いを見て決めています。

 

どちらにするかは経験で決めています。

前者は少々効くのに時間がかかり、

後者は早めに調子も元気もでるのですが、

効き目が切れると状態が悪化する恐れが

あるためです。

 

疲れを感じるのは脳の仕業かもしれません。

しかし、正確な回答か不明なため、

 今度、病院に行った時忘れなかったら、

主治医に確認してみようと思います。

 

(追記)

上の文章は数日前に書いたものですが、

まさに今日(10月11日)、朝から疲労した状態になってしまい、

上の文章にも書いていない、第3の選択肢である

「午前中半休」を選択しました。

午前中はずっと睡眠を取っていました。

 

午後は会社に行きました。

【103】うつ病の薬として処方された抗不安薬ですが、処方を元に戻してもらいました。

他の病気もそうだと思いますが、

特にうつ病になった私の目下の課題は、

薬を1錠でも減らすことです。

 

減らして減らして、飲まなくても

大丈夫、というところまで行きたいのです。

 

寛解」に辿り着きたいのです。

 

しかし、結果から書くと、

 

今、薬は「減らせない」

 

という所に行き着きました。

 

減らしてもらった抗不安薬を一月経たず、

処方を元に戻してもらいました。

 

【39】薬が1錠減りました。 - うつの気持ち・・・・・。

 

【40】薬が1錠減った事による影響?? - うつの気持ち・・・・・。

 

【41】やはり離脱症状なのかもしれないです・・。 - うつの気持ち・・・・・。

 

今年、2017年のゴールデンウィーク

合わせ、減らしてもらったのですが、

恐らく、いわゆる離脱症状と言っても

良い症状が出てしまいました。

 

薬は抗不安剤ランドセンという

名前のものです。

(リボトリールと同効能との事だそう)

下記ホームページを参照しながら

相当、気をつけてはいたのですが、

だめでした。

 

mentalsupli.com

 

思い返すとゴールデンウィーク中、

特に仕事による負荷がないのに

だんだん動けなくなるという状態でした。

横になっていることも多かったです。

 

日記にはランドセンを飲んだ、飲まないと

書き込み、一喜一憂していました。

時間が経って離脱症状から解放されれば、

飲まなくて済む、だから今は「がまんの時」と

思って、耐えていたのですが・・・。

 

たった、たった1錠なのに・・。

 

今は、お昼に1錠、プラス

不調時に何錠か、恐らく

1日に2~3錠くらい飲んでいます。

(処方の範囲内です)

 

今はこの薬が必要な時なのでしょう。

くやしいですが、現実を見て、

(心では泣きながら)薬を飲んでいます。

【102】【お礼】ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

 

あまり意識していませんでしたが、

番号が100番を超え、伴い

投稿数も100を超えました。

 

一つの節目として、みなさまに

お礼がしたく、文章をアップいたします。

 

本当にありがとうございました。

 

あっ、ブログが終了するわけでは無いですよ。

 

当初、gooブログから開始しました。

ブログは(2017年)2月3日に開始です。

内容は暗いけれど、ハンドルネームくらいは

めでたい感じを出そうと、開始日にちなんで

ハンドルネームを「福は内」にしました。

 

blog.goo.ne.jp

 

実は、他で使っているハンドルネームと

全く違うので、書いた文章を見て、

「これは私が書いたの?」

と思うことも、しばしば。

 

はてなブログに移転してからは

皆さんの☆マークに支えられ、

時にはコメントも頂いたりしており、

そういったやりとりも嬉しいですね。

 

fukuhauchi-onihasoto.hatenablog.com

 

私が患っている「うつ病」に焦点を当てて

それについて書くという基本方針で、

いつも暗い内容なのに、

見ていただけること、光栄に

思っています。

 

上手く書けないのですが、

感謝、感謝でいっぱいです。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

福は内